日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ



一度は、行って見たいイタリア世界遺産!ポンペイ遺跡地区を旅しましょう。

世界遺産

一度は、行って見たいイタリア世界遺産!ポンペイ遺跡地区を旅しましょう。
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

一度は、行って見たいイタリアの世界遺産です。

ポンペイは、是非とも行きたい場所です。

沢山の遺跡があるので、見ごたえも十分です。

あなたは、ポンペイに既にいっていますか?

旅行に行くなら、イタリアを選んで見てください。

世界遺産「ポンペイの遺跡」

世界遺産「ポンペイの遺跡」

南イタリア No 4 アマルフィ ポンペイ遺跡 帰国

ポンペイ、ヘルクラネウム及びトッレ・アンヌンツィアータの遺跡地域


1997年世界遺産に登録された「ポンペイ、ヘルクラネウム及びトッレ・アンヌンツィアータの遺跡地域」は、イタリア南部ナポリ近郊にあった古代都市ポンペイやヘルクラネウムの都市遺跡やヴィラ、トッレ・アンヌンツィアータのヴィラなどから構成されています。

ヴィラは古代ローマを起源とする、上流階級が田舎に建てた家のことです。


歴史は・・

ポンペイはイタリアのナポリ近郊にあった古代都市で、紀元前89年よりローマの自治都市となっていました。海に面した商業都市で、アッピア街道に物資を運ぶ拠点として栄え、最盛期には約2万人もの人々が暮らしていたそうです。噴火前のヴェスヴィオ火山の斜面を利用して葡萄栽培を行い、ワインの醸造も盛んでした。

しかし、1世紀になると地震が頻発し、79年にはヴェスヴィオ火山が大噴火を起こします。時速100㎞を超える大火砕流は一瞬にして街を飲み込み、2000人の人々が犠牲になりました。この中には、「博物誌」を記した学者大プリニウスも含まれていたのです。ポンペイの街は、こうして5mの火山灰に埋もれてしまいました。

16世紀頃から、ポンペイの遺跡の一部は発見されており、地下に遺跡があることは認識されていたようです。発掘の呼び水となったのは、18世紀にヘルクラネウムの遺跡が見つかったことでした。1748年から、ブルボン家のカルロの主導により発掘が進められていきます。1863年には、考古学者ジュゼッペ・フィオレッリにより、火山灰土中の空間に石膏を流し込み、当時の人々の最期の姿が復元されました。

出典 http://worldheritagesite.xyz

1
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

ピックアップ!

ピックアップ!

タグ

月別アーカイブ